*身体論ノート*

ピラティスインストラクターの身体の声をつぶやくブログ

続ける事の大切さ

ラグビーワールドカップがおわりました。

 

ラグビー経験者としてハラハラドキドキで感動しっぱなしの44日間でした。

 

日本開催という事で4年に一度じゃない、一生に一度だと、本当に思える内容でした。

 

今回3位決定戦を観戦できることになり、ニュージーランド vs ウェールズの試合を生で見ることができました!

 

f:id:tersh:20191105152644j:image

 

日本チームの活躍に限らず、世界中のチームの思いが間近に感じられた大会だったと思います。

 

スポーツを見ていると同時に、人間ドラマ、チームのドラマ、国のドラマを見ている事に気がつきました。

 

普通なら日本の裏側の遠い国で開催してるような大会はニュースで結果だけ聞いて終わり。

 

でも今回は電車で行けるすぐそこで、世界の想いが渦巻いている。

 

どの国のチームにも負けられない思いがあって、犠牲にしてきたものがある。

 

単なるラグビーのゲームの勝敗でなく、チームのドラマに人々が感情移入したワールドカップだったと思います。

 

そして、ラグビーをやっていて良かったと思えること。ひたむきに続けている事の大切さを再認識しました。

 

誰かに褒められたり、陽の目を浴びるためにやってるわけじゃない、自分で決めた目標に向かって誰よりも努力する。うまくいかない事、すぐ答えを探したくなる事ってたくさんある。

でも、続けて、続けて、自分で決めてやりきる事で世間が認めるような結果が生まれること。学びました。