*心と身体の整理術*

あるがままの自分を生きて健康・仕事・人間関係を好転させるヒントを集めたブログ

【Q&A】身体が硬いですが、ピラティスできますか?

【Q&A】身体が硬いですが、ピラティスできますか?

f:id:tersh:20190611225655j:plain

はい、大丈夫です!

日常生活で身体の硬さに不便を感じている方にはぜひオススメします!

 身体の硬さは、生まれ持った関節の可動域や、筋肉や靭帯などの状態によって人それぞれです。ピラティスでは正しいポジションでゆっくりと呼吸をしながら動かしていきますので、ストレッチの効果も期待できます。

 

 また結構大きな原因ではないか?とひそかに思っているのが心理的な「緊張」です。

 「自分は身体が硬い!」と思い込んでいたり、身体を動かすことへの苦手意識が身体に表れていしまっていて、

 本来動ける身体を自分の意識、脳で制限をかけてしまっている状態はレッスンをしていても良くあります。

 

 正しい動かし方を学ぶことで知恵の輪みたいに緊張がほぐれスルスルと肩が動いたり、

マシンにサポートしてもらうことでその緊張を緩めることができてホッと呼吸が深くできたり。

ピラティスではそんなことが良くあります。

 

 頭で理解ができて脳でGOサインが出ると、身体は反応してくれます。

 柔軟性の場合は「努力」しない方が肩の力が抜けて良い結果が期待できるかもしれません。

 

 身体が柔らかすぎて悩んでいる人もいる

f:id:tersh:20190613095529j:plain

極端な例ですが、

 ダンサーは表現力を必要とするため柔軟性は不可欠ですが

重量挙げの選手はダンサーほど柔軟性があっては怪我につながる可能性があります。

 ピラティスでは柔軟性・安定性の「バランス」をとったしなやかな身体を作ることができます。

 

ピラティスは誰でもはじめられる「運動」ですが「学習」でもあります。

なんらかの理由で「運動しなくては」と感じられている方は、ラジオ体操を週2回くらいしっかりやれば、身体の変化を感じられて「運動不足」の解消のきっかけはできるのではないでしょうか。

 

でもピラティスを選ばれたということは運動だけでなく、

根本的な身体の使い方を見直したいという気持ちがあるのではないでしょうか。

 

もし、運動が苦手でも身体の使い方を見直したい、

改善したいということでしたらピラティスは最適です。

 

【何歳になっても意識の通った身体の動きは美しい】*70代のお客様。*癌を患われてから足の筋力が落ち膝が痛いというところから筋肉をつけたいと月2回のペースで通っていただいております。*年齢問わず自分の身体をコントロールし、動きに集中している姿は美しいですね。*Every body is beautifulを感じる瞬間です。*思わず撮影させていただきました。**ピラティスは年齢問わずはじめられる運動です。↓↓↓ホームページはこちらから@pilatesatelier301 *インスタグラムのダイレクトメッセージまたはLine公式アカウントにてご予約承っております。#ピラティス#二子玉川#everybodyisbeatiful #basipilates#basisystems #シニア#シニアピラティス

 

 

二子玉川徒歩5分 身体の動きと心を整えるピラティス

ピラティスアトリエ301

ご予約・お問い合わせはLine@もしくはE-mailにてお気軽にどうぞ!▼

E-mail:pilatesatelier301@gmail.com

にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村