ミニマルな暮らしを目指す夫婦のブログ

健康オタク夫婦が生涯現役なカラダとココロを保つ暮らしの知恵を発信中。

日々の暮らしに取り入れたい、リンパマッサージの効果

デトックス効果の名高いリンパマッサージ。疲れが溜まってきたりストレスが溜まると、気持ちの面でも癒しを求めて、マッサージをしてもらいにサロンへ来店する方も多いはず。しかしこのリンパマッサージ、単にデトックス効果が高いというだけでなく、様々な病気の予防にもなるし、現代人にとっては今後なくてはならないものかもしれません。

 

そもそも、リンパってなんなの?

f:id:tersh:20181227222711j:plain

リンパの役割は、体にとっての敵である病原微生物やウィルスと戦う免疫の働きと、体中の60兆個の細胞が吐き出した老廃物や病原微生物を運んで排出する役目を持っているんです。その免疫部分が、時によって扁桃腺で病原微生物と戦っています。

そして老廃物の排出が役目であるリンパの流れが滞ってしまうと、「むくみ」「冷え」が発生。さらに、細胞そのものの機能が低下して、体全体の機能も低下してしまうのです。

 

リンパって、体のどこにあるの?

f:id:tersh:20181227211452j:plain

リンパ系の器官はいくつかあり、扁桃腺、胸管、リンパ管、リンパ節、リンパ液というものがあります。リンパ液は体の末端から一方向に静脈に沿って、リンパ管を1分間で約24cmの速さでゆっくりと流れています。

この「流れ」は、運動する際に使用する骨格筋肉の動きで押し流されているので、運動不足だったり、同じ姿勢でじっとしていたりすると、「流れ」が滞ってしまい、リンパ管に入れず細胞の外に滞ってしまう。この滞りが体温を下げ、むくみになり、体の機能までも低下させてしまいます。

 

リンパの流れをよくするために、マッサージが必要

f:id:tersh:20181227222745j:plain

デスクワークが多い現代人は、ほとんどの人がリンパの流れが滞っているはず。そんな人はリンパマッサージを行うことでリンパが正常に流れるようになります。頻繁にマッサージ店に通うことは時間的にも金銭的にも難しいもの。そんな時は自身でも簡単にリンパマッサージを行うことができるので、ぜひやってみてほしいです。

やり方は、毎日足先から心臓の方に向かってゆっくり撫でるだけ。特別な技術がいるわけではないので、ご安心ください(^^)

 

リンパの為に食生活にも気を配ろう

f:id:tersh:20181227222648j:plain

リンパをスムーズに流すために、水分摂取は必須です。(※残念ながらアルコールやカフェイン入りの飲み物ではNGですよ)。朝起きてはじめにコップ1杯の白湯を飲むと、無理なく腸の働きも促せるのでおすすめです。その他は野菜全般でベータカロチンやビタミンCを、豆類でマグネシウムを、海藻類でカルシウムなど、たんぱく質やミネラルを摂るとグッドです。

 

実は子どもにもおすすめなリンパマッサージ

f:id:tersh:20181227222725j:plain

毎日活発に動き回っている子どもですが、マッサージなんて必要ないでしょと思いがち。ところがどっこい!マッサージは子どもに行ってあげると、とても良い効果があります。

愛情ホルモン「オキシトンシン」が親子のキズナを深める

抱擁やマッサージなどの皮膚の接触から分泌されるホルモン、「オキシトンシン(別名愛情ホルモン)」。親は我が子にマッサージすることで、目の前にいる我が子を何者にも代え難く「愛しい」と感じるようになります。そして、マッサージされている子どもは、全身をリラックスして身を任せていることで、親への「信頼」が生まれます。育児に疲れ我が子への愛情を感じられなくなったお母さん、ぜひお試しになってみてくださいね。え?私か?

(思春期になるとなかなか体を触らせてくれなくなるので、それまでがおすすめですよ。笑)

 

マッサージを習慣化して、健康的でかろやかな体を手に入れよう

f:id:tersh:20180814133848j:plain

足や顔はむくみを発見できやすいので、もし見つけたらそれはリンパが滞っているサイン。お風呂にゆっくり浸かりながらマッサージすれば血流もよくなり更にデトックス効果が高まります。忙しい毎日ですが、ちょっとした時に、気づいた時に、少しずつ暮らしの中にマッサージをとりいれていきたいですね。