ミニマルな暮らしを目指す夫婦のブログ

健康オタク夫婦が生涯現役なカラダとココロを保つ暮らしの知恵を発信中。

キッチン周りの常識を覆す!(昭和グッズで美味しい暮らし編)

キッチン家電も様々な商品が開発され、便利な世の中になりました。そんな世の中に逆走して、我が家では昭和グッズで美味しい暮らしを送っていますので、ご紹介します。

 

便利な家電をある日手放したくなった

今や当たり前のように存在する、家電製品。その中でもキッチン周りに存在する機械は多種に渡ります。我が家でも以前は、電子レンジ、トースター、電気ケトル、炊飯器・・・これらが当たり前にありました。でも、今これらの家電製品、すべて手放しました(笑)

レンジから発せられる電磁波の影響もあってか、一日の中でキッチンに一番長く居ることが快適ではなくなっていたんだと思います。こんなに家電製品に頼らなくちゃ生きていけないのか?停電が起きたらうちは生きていけるのか?など、不安さえ感じるように。レンジは温めてくれるけど、決して美味しくはなかった。冷凍食品に頼る日々を断絶したかったのもあります。

 

当たり前に存在する身の回りの電磁波。その影響は?

www.e-smog.jp

低レベルの電磁波でも小児白血病やがんの発生率が増加する恐れが懸念されているんだそうです。特に電磁波が強い製品として挙げられるものは、
・電磁調理器(IHクッキングヒーター)
・電子レンジ
・ミキサー
・電気ストーブ
・オーディオ類
・乾燥機、洗濯機
・ホットプレート
・エアコン

 

だそうで。便利だと思っていた製品に、実は健康を脅かされていた可能性があるなんて・・・

 

昭和グッズで美味しい暮らしを手に入れる

そこで考えたのは、昔の人はこんな製品なかったのにどうしていたのかということ。我が家で手に入れた製品はこちら。

 

【おひつ】

f:id:tersh:20180509133425j:plain

炊きたてごはんを入れておけば、余分な水分を木が吸い取ってくれるのでごはんをモチモチに保存してくれる優れものです。

 

 

我が家は一気に5合炊くことが多いので、7合炊き用を使用。通販サイトでは既に売り切れが続出中・・・ちなみに炊くときは圧力鍋を使用しています。

 

続いて、

【蒸篭(せいろ)】

f:id:tersh:20180425143433j:plain

これはもう絶対手放せない必須アイテム!!子どものおやつに饅頭や蒸し芋、ゆで卵や半熟卵、パンを蒸すとモチっになるし、ごはんの温めもレンジと違って、フワっと温まる。下の鍋部分だけでも、何かを茹でる際に大活躍です。

 

f:id:tersh:20180827134553j:plain

収納はこんな風に冷蔵庫にくっつけて。(強力磁石のフックで)。乾燥させられてグッドです。

 

 ここからは現代機器になりますが、新たに活用しはじめたのが、

【魚グリル】

f:id:tersh:20181225150209j:plain

写真のとおり、オカズの温めに使用できる他、食パンもカリッと美味しく焼けます!!(焼きすぎると真っ黒になるのでご注意)ちょっとした冷凍食品も問題なく温められますよ。

 

 

電気ケトル代わりには、サーモスの保温ポットで代用。

朝、鍋いっぱいに沸かしたお湯を入れておけば、一日アツアツのお湯が飲めます。コーヒーやお茶に使用したり。都度沸かす手間もなければ、電気代も不要。なんてエコ。

 

家電製品もミニマルに。手放したことで得た美味しい料理。

 実際、これらの製品を手放してせいせいしただけでなく、素材を生かした料理に大活躍できる昭和グッズに出会えたことが、とても嬉しく思っています。一手間かかるけど全然大変ではないですよ。むしろ使うのが楽しい。美味しくなるから。

今ある家電製品、本当に必要ですか?私も常に念頭において生活するよう心がけています。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ