ミニマルな暮らしを目指す夫婦のブログ

健康オタク夫婦が生涯現役なカラダとココロを保つ暮らしの知恵を発信中。

キッチン周りの常識を覆す!(収納編)

キッチン周りって、家族の場合、ママの大切なテリトリーの場合が多いですよね。自分が使いやすいように、面倒な料理も楽しく作れるようにと、色々なアイデアと工夫を凝らしている方も多いと思います。我が家の場合、自分一人で家事するのがキツイ時は、どんどん夫にも参加してもらいたく、家族が使いやすい配置や工夫を凝らし、ちょっとでも楽しい空間になるようにしてみました。

 

あれこれ置かない。何もないからこそ作業に取り掛かりやすいキッチン

f:id:tersh:20180602134727j:plain

見ての通り、キッチン周りにはできるだけ何も置かずに収納します。昔、学生のころにゴチャっと物に溢れた勉強机を見ると勉強する気が失せていたのをよく覚えていますが(笑)、整理整頓したキレイな机だと不思議とモリモリと勉強したい気持ちになっていたもの。それと同じ効果です。

私も要領が悪いので、料理しているといつの間にやらキッチン周りにあれこれ物が散らかりがち。だからこそ使用前はせめて気持ちよく始めたいし、家族にもやる気になってもらう為に必要かなあと感じています。

 

何がどこにしまってあるかを家族で共有する

これも大事ですね~。せっかく家族が手伝ってくれても、物を探す手間があるとやる気もだんだん失せるものです。これは我が家でもまだまだ課題になっているところ。子どもが料理をしてくれるようになるまでに、物の位置をしっかり定めてラベリングしたいと思っています。

 

食器棚はいらない!決め手は出しやすさ・片付けやすさと無駄のない収納力

f:id:tersh:20180827133110j:plain

我が家には一般的に食器棚と呼ばれるものはなく、こちらの無印良品のラックに食器類を収納しています。

 

初めはまぁまぁ立派な食器棚を使っていたんですが、たくさんある引き出しや棚の数を使いこなすのが難しかったのと、物を出す時にいちいち引き出し開けて出して、また片付けて・・・という一連の作業がとても無駄に思えてしまったんです。

f:id:tersh:20180827132511j:plain

このラックであれば、毎日使うものだけを並べて、簡単に手に取ることができます。

 

f:id:tersh:20180827132521j:plain

段の高さは好きなように変えられるので、自分の使用用途に応じて今後も気軽に変えていけるのが良いところ。米びつや水のストックも置けたり、サイドにフックをかけて鍋やエプロンを吊るしたり。

 

f:id:tersh:20180827132516j:plain

あと何げに一番いいと思ったのは、ゴミ箱をラック下に収納できてしまうところ!!食器棚の場合、これはできない。(出来ても小さいゴミ箱しか入らない)

 

見た目より、毎日使う人が心地よく使えるものを目指す

露出している分、抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、この収納に慣れてしまうともう普通の食器棚に戻れない気がします(笑)食器棚に自分のスタイルを合わせていくのではなく、自分のライフスタイルに合わせて変化できるものの方がずっと心地いいし、長く付き合っていけます。

家族にも目に見える収納だから、片付けも指示しやすい(笑)見える収納、オススメですよ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ